PAGE
TOP

埼玉県スキー連盟事務所

〒338-0001 埼玉県さいたま市
中央区上落合1-9-2-817

TEL / FAX048-853-2710

会長メッセージ

埼玉県スキー連盟  
 会長 大藤雅史 

 県連会員の皆様には、平素より本連盟の運営活動に深いご理解と多大なご協力をたまわりまして、誠にありがとうございます。

 この一年間、連盟の役割とその意義について原点にかえり、考えながら執行部一同職務にあたってまいりました。埼玉県は全国的にも市町村数が多く、各地域のスキー連盟の組織基盤が整っています。そのため本県連盟は、市町村連盟及び高中体連盟の集合体で構成されて現在に至っています。各団体の協力のなかで運営が可能となっているわけです。従って、県連活動の成果は、最終的に市町村連盟会員の皆様へと還元されなければなりません。 連盟は、安全で正しいスキー技術の普及と選手の育成、競技力の強化向上という大きな使命を担っています。営利を目的とする団体ではありません。会員の皆様の支えの上に財務基盤も成り立っていますので、大切な限られた財源を有効に活用するため、正しく管理する責任があります。

 このような観点から、昨年来いくつかの改善に着手致しました。その1つが連盟規約の見直しです。従来の各条文の解釈のあいまいな箇所を規定し直し、組織の構成と3本部の役割を明確にいたしました。役員選出方法の基準も改め、偏った権限の集中を避けるよう配慮しています。

 次にホームページの充実です。3本部の日々の活動内容を適時掲載することにより、運営方法の透明化を図ってまいります。近年の急激な気候変動による少雪の影響を受け、行事が計画通り実行できないことがこの数年たびたび起こりました。会員の皆様に迅速で正確な連盟情報をお伝えすることを目的として利便性を高めてゆきますので、是非ご活用ください。

 そして、スキー連盟のシンボルマークが初めて誕生いたしました。 応募された多数の力作の中から厳選させていただきました。スキー競技の多様性と連盟の将来への飛躍をイメージされた素敵なデザインです。

 昨シーズンは、国体をはじめ多くの競技会が中止となりました。目標大会に向けて練習を重ねてきた選手たちにおいてはたいへん無念であったと思います。しかし競技部では、若手選手を中心にすでに陸上トレーニングを開始しているとのこと。冬季オリンピックイヤーの来るべきシーズンが、県連会員皆様にとってすばらしいものとなりますよう期待しています。あと少しで白銀の山々が、変わらぬ姿で私たちを迎えてくれるはずです。

home > 埼玉県スキー連盟について > 会長メッセージ